令和

お疲れ様です。とうとう令和になりましたね。

 

 

 

 

 

 

平成元年に生まれた自分にとっては、生まれて初めて元号が変わります。

 

 

 

 

 

 

また、令和になるこの年が自分が30歳になる年でもあります。

 

 

 

 

 

 

早かったなーという感想もありますが、長かったなーという気もします。

 

 

 

 

 

 

ということで、平成を振り返るブログを書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

平成は、まず私にとって非常にチャレンジングな時間でした。

 

 

 

 

 

 

平成1年に生まれ、平成15年から営業職を経験し、平成23年で起業。ここまでは、そんなに大きなチャレンジはなかったのですが、

 

 

 

 

 

 

やはりチャレンジが求められたのは、会社を創ってからですね。

 

 

 

 

 

 

私は起業はチャレンジだとは思いません。起業は誰でもいつでもできます。そして自分のペースで仕事ができます。なので、比較がおかしいかもしれませんが、学校の先生になる方がよっぽどのチャレンジです。

 

 

 

 

 

 

しかし、起業した後ですね。チャレンジが求められるのは。

 

 

 

 

 

 

本当に右も左もわからない時から始めました。そこで数年間かけて徐々にわかってきたこと。それは、会社は成長していかなくてはいけないということです。

 

 

 

 

 

 

成長とは、決して売上や従業員数だけではありません。しかし、何らかの前進をし続けていかなくてはいけないと強く思う様になりました。

 

 

 

 

 

 

社会貢献は誰でもできます。ボランティアに参加するだけで、私は社会貢献だと思います。そもそも、必死に仕事をして給与を貰い、納税する。これも社会貢献です。

 

 

 

 

 

 

 

しかし、私にとっての社会貢献は何か?ボランティアか?それとも全く別のことか。

 

 

 

 

 

こういったことを考えてきました。

 

 

 

 

 

出てきた答えは、「会社を成長させること」でした。

 

 

 

 

 

 

会社が成長することを、前までは利己的に考えていました。しかし今は違います。会社の成長が私にとっての社会貢献。成長することで大きな大きな貢献ができるとわかってきたのが、少し前というのは恥ずかしい限りですが、今は本気でそう思っています。

 

 

 

 

 

 

つまり、会社の成長が自分のミッションであり、自分にできる貢献だと思っています。なので、平成ラスト数年は、チャレンジを繰り返しました。

 

 

 

 

 

 

その結果、未来はわかりませんが、少し道が開かれました。新しい事業。新しい商品。新しい人。新しい考え方。新しい社風。新しい教育。固まってきた経営観。全て前進です。

 

 

 

 

 

この前進を実感できたのが、平成終わりだったので、私にとって平成は生まれた元号であり、道が切り開かれた元号でもあります。本当に良い時間でした。平成に感謝ですね。

 

 

 

 

 

 

続いては”令和”ですね。平成が前進だとしたら、令和はどんな時間になるでしょうか。

 

 

 

 

 

 

恐らく、「進化」ですね。進化の時間にしたい。

 

 

 

 

 

 

前進と進化は違いますね。どちらも良い言葉ですが、大きく違う。前進はその名の通り「前に進むこと」ですね。進化は「進んで化けること」ですね。勝手ながらそう思っています。

 

 

 

 

 

 

進むというワードは一緒ですね。後退せず前進し続けたい。これはマストです。しかし、進みながら会社が化けないといけない。化けるというのは、「形を変えて他の(異様な)姿になる。」ということです。異様な姿。いいですねーww

 

 

 

 

 

 

当社のポリシーは「似ない」ことです。化けて化けて異様な姿になります。これが当社の差別化戦略。

 

 

 

 

 

 

そもそも、新入社員で入社して、最初は課題だらけだった人が、化けるということがありますよね。会社も一緒で、今のコールフォースが化けるのが令和だと思っています。

 

 

 

 

 

コールフォース一同。皆化けましょう。

 

 

 

 

 

 

あの時が進化だったなーと後から日本酒飲みながら振り返りできる様な元号にしてみせます。

 

 

 

 

 

以上!令和も宜しくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です