変化

変化が大事だなーと今日特に思った。

合宿でも変化変化ゆーてるけど、あまり変化できていない。これは反省すべきだ。

やはり、新しいことへのチャレンジは夢中になる。この夢中というのが大事なんだ。

何事にも夢中になって取り組めば、アイディアも出てくるし、その分野に卓越する。

しかもストレスにならない。楽しく仕事ができるからだな。

でも仕事というのはマンネリ化する。毎日同じPCで同じタスクを同じ手法で取り掛かっていると、絶対にマンネリ化する。

営業もそうだな。同じやり方でやっていてはマンネリ化する。

だから、程よい変化を齎さなければならない。変化は夢中を何度でも与えてくれる。そんな気がする。

会社を立ち上げた時は1日単位で変化していた。常に試行錯誤。正解など全くない。トライ&エラーの繰り返しである。

だから沢山失敗するし、長時間働く。仕事がその日中に終わるなんて考えられない。

でも今は幸い6年の月日が経ち、制度やルールができ、運用が構築され、組織になってきた。

ある程度、前よりは雲を掴むようなことはなくなった気がする。

でもそれじゃいかん!

決められたルールの上で、決められた手法で、決められたタスクを消化しても何も発見は生まれない。

もっと変化を楽しむ会社でなければならない。

変化は、苦痛だ。

何が起こるかわからない。慣れないし、成果も保障されない。

だから変化はどこか億劫になる。

ただ本来は、変化は楽しむものだ。

昨日とは違う発見ができる。

違う発見がない会社は絶対にマンネリ化する。

会社のマンネリ化は弱体化と変わらない。

そこに危機感を感じていなかった自分は反省する他ならない。

常に新しい変化を好む組織づくりにしていく必要性がある!

というかそういう組織をつくりたい!

人は慢心すると、小さい事象に耳を傾けなくなる。

これは、この前まで見続けてきた”白い巨塔”で、なお思った。

少し慢心しているなー。定期的に自分を俯瞰することが重要だと再確認したな。

完全に独り言になっているので、またブログ書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です